ロゴ

エンジニアとして、 思う存分暴れ回りたい

エンジニアとして、 思う存分暴れ回りたい

エンジニア 林 雅也

決め手は、エンジニアとして躍進できるか否か

2020年5月にウェルスペックに入社しました。前職もSESの会社で働いていました。代表である大崎とは元から友達で、立ち上げの時に誘ってくれました。一度は断ったのですが、もう一人の友人である営業の籠谷さんから会社の透明感のある運営体制や、エンジニアとして経験者の自分がさらに躍進できる環境であることを聞き、飛び込むことを決めました。結果、今となってはあの時勇気を出して飛び込んで本当に良かったなって思います。今は、現場に常駐しC++を使って半導体の洗浄装置の開発を担当しています。

ウェルスペックは、エンジニアにとって働きやすい会社だと思います

現場によっては性格が合わない人もいて、半日ほど連絡が取れないとかもありました。「合わせるのが大変」というのはSESの悪いところと言えばそうかもしれません。でも逆に言えば、自分に合わない現場はチェンジできるっていう良さもあります。色んな人、会社と働くチャンスがあるというのも良いところだと思います。合う合わないで言うと給与の仕組みもそうで、当社の給与制度はベースの基本給に加えて現場の単価に応じたステージ給が割り振られるという「単価連動制」を取っているのですが、これは言わば歩合のようなカタチなのでニガテな人はニガテかも知れません。でも私としては、スキルが上がれば給料が上がるという仕組みは単純明快で透明性があるのでモチベーションが上がりますね。正直、入社した当初の収入は前職より下がってしまいました。しかし、給与の伸びしろはウェルスペックの方が良かったので、もうすぐ前職の収入は抜かします!

自分が選んだ会社を成功に導く

今後は、各現場におけるウェルスペックのチーム体制を強化していきたいです。社内がフラットで関係性が近く、上司からの圧力も無いので楽しくやっていけています。この良い雰囲気を保ちつつも、プロとしてのスキルやチーム力を高めて、より良い案件に挑戦できるようにしていきたいです。ウェルスペックはそれを実践できる体制や、サポートが充実していると思います。

経験者の方は今より収入が良いところ、今より技術的に向上できるところ、など転職先に関しては希望が色々あると思いますが、「入ってみてダメだったから転職だ」ではなくて、「入ってみてダメだったから変えていこう」が可能な会社に入り、「自分が決めた会社を成功に導いていく」ことが本当の転職成功だと僕は思います。ウェルスペックはそういう主体的に会社を引っ張っていきたいという人にも適した会社です。あなたの挑戦を待っています!!

ボタン ボタン
背景 背景
背景 背景
背景 背景